スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お部屋探しがラクになる!? IT重説とは?

皆さんは「IT重説」という言葉はご存知でしょうか?

聞いたことがない人や聞いたことはあるけどどういうものか分からないという方が多いと思います!

今回はその「IT重説」について説明していきたいと思います。


IT重説とは
文字通り「IT」を活用して重説を行うものを言います。

そもそも重説とは「重要事項説明」の略で契約を締結するにあたり必ず聞いておかなければならないものです。
そしてこの重説は今までは宅地建物取引主任士(旧:宅地建物取引主任者)が契約者に対して必ず対面で行う必要がありました。

ですが社会実験を行い「IT重説」において特に問題がないとなったため2017年10月から本格的に運用されました。

この「IT重説」は基本的に賃貸契約のみが可能であり売買契約ではまだ正式に運用されていません。
※法人同士の売買契約に関しては社会実験が継続されている状況です。


そもそも「IT」とは?
ここでいう「IT」とはテレビ会議やテレビ電話のように動画と音声を同時に、かつお互いにやり取りができるものを指します。


IT重説 サムネイル

要するに上のイラストのような感じのことです。


そのためメールなどで重要事項説明書の内容が送られてきて質問をするといったような事は認められていません。
加えてPDFファイル等による重要事項説明書の交付も認められていないため、皆さんは必ず重要事項説明書を書面で受け取る必要があります。
このあたりはまだIT化されていないという事です。


IT重説に必要な条件
忙しくて「IT重説」で済ましたいと思っても必ずできるというものではありません。

IT重説を聞くためには色々と条件があり、それをクリアする必要があります!

条件① 不動産業者がIT重説に対応していること
そもそも不動産業者がIT重説をできる環境を整えていない場合はできません。
IT重説自体がまだ本格的に運用されて日が浅いこともあるため小さな不動産屋さんでは対応していないこともあります。


条件② 貸主(大家さん)・借主(あなた)がIT重説に同意していること
IT重説を行うことに貸主と借主の双方が同意している必要があります。


条件③ 双方向でやり取りが可能なIT環境
上でも説明しましたが動画と音声を同時に、かつ双方向でやり取りできる環境が必要です。


条件④ 重要事項説明書が手元にあること
不動産業者から重要事項説明書を書面にて受け取る必要があります。(郵送などで送られてきます)

※PDFファイルやメールなどで送られてきたもので説明を聞いたとしても意味がありません。
もしこのようなIT重説を実施している場合は業者側が罰せられます。


基本的には部屋を借りられる側はこの条件が整っていればIT重説ができます!

不動産業者側にはもう少し満たさなければならない条件がありますが今回は省力します。



IT重説のメリット・デメリット

メリット
費用の軽減(交通費等
遠方に住んでいる方などは今まで重要事項説明を聞くためにわざわざ店舗まで足を運んでいました。
遠くなればなるほど交通費も高くなりかなりもったいない費用でした。
それがIT重説が可能になることで一切かからなくなるというのは大きなメリットと言えるでしょう。


日程調整がしやすくなる
実際に店舗に行かなくてもいいのであれば時間的な調整も行いやすくなります。
長時間家を開けることが難しかった人でも家で説明を聞くことができるのはかなり助かりますよね?


重要事項説明をしっかりと聞くことができる
家などのリラックスできる環境で聞くことができるというのも1つですがもう一つあります。
IT重説の場合は事前に重要事項説明書が手元にある状態です。

今までのように対面で重要事項説明を行う場合はいきなり目の前に出された重要事項説明書を読み上げられるというような感じです。
さらに専門用語なども多く出てくるため正直すぐに理解することは難しいです。

ですが実際に手元に重要事項説明書があるのなら事前に一通り目を通しておくことができます。
意味がわからない言葉や理解できないところを知っておくことができるのはメリットと言えるでしょう。

分からない言葉などは調べることもできるため実際にIT重説が行われる時には内容が分かりやすく感じるはずです。
調べてもよく分からない時などは質問することもできるので事前に質問内容をメモなどしておくといいでしょう!




デメリット
現地に行くことなく契約が締結できてしまうということでしょう!
これは実際のところメリットとも取ることができます。
ですが現地に行かずに契約できることによって思いもしないことに遭遇してしまうことがあります。

例えば、写真で見ていたよりも汚かったり、異臭がしたりなど実際に物件に行かないと分からないこともたくさんあります。

さらには物件の中だけでなく周辺環境も分からないという点もあります。
Googleマップやストリートビューなどである程度は周りの環境も知ることはできますが情報が最新とは限りません。
お店が潰れていることや違うお店になっていることもよくあります。

このように実際に現地に行かずに契約するとこのようなことが起こりうるということも知っておきましょう!



まとめ
いかがでしたでしょうか?

実際に物件を見に行った人は「IT重説」だと無駄なお金や時間が発生しないためメリットの方が大きいでしょう。
逆に物件を見ずにネット上だけで契約しようと考えている人は入居後に思いがけないトラブルがあるかもしれないということは覚えておきましょう。
もし物件を実際に見に行く時間があるのなら見ておくことをお勧めします!


追記
パソコンで「IT重説」を聞くための推奨ソフト
●Skype(スカイプ)
Skype(スカイプ)ダウンロードページ

※全日本不動産協会ではSkype for Business(Microsoft Office 365 Business Essentialsに同梱)を推奨しているようです。
全日本不動産協会ホームページ


●ハングアウト(Google)
グーグルのアカウントさえあれば利用できる手軽さがあります。
ハングアウト(Google)


スマホの方はこちら

●大手ポータルサイトのアプリ
不動産業務IT支援サービス(iPhone)
不動産業務IT支援サービス(Android)


LIFULL HOME'S LIVE(iPhone)
LIFULL HOME'S LIVE(Android)


SUUMO重要事項説明オンライン(iPhone)
SUUMO重要事故説明オンライン(Android)


※利用するソフトやアプリに関しては不動産業者から指定されることもありますので指示に従いインストールするようにしましょう!
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。