スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故物件って本当にあるの?

事故物件という言葉自体は多くの方が知っていると思います。

ですが実際に事故物件を見たことがある人は少ないのではないでしょうか?

今回はその事故物件について実際にあるのかなども含めて説明していきます!


事故物件とは
そもそも事故物件とはどういうものなのか?
厳密に定義づけられている訳ではありませんが物件の部屋もしくは共用部分などで人が亡くなった場合に事故物件と呼びます。

具体的に言うと「殺人・火災・事故(事件性がない場合)・自殺・孤独死・災害(地震等)」などで人が亡くなった場合が挙げられます。
※病死・孤独死(自殺とは言えない)のような自然死の場合などは事故物件として扱われないこともあります。


要するに上で挙げたような理由で「心理的瑕疵」があるものが事故物件というものです。



心理的瑕疵とは?
心理的瑕疵というのは簡単に言うと心理的に抵抗があるものだと考えてください。
上で説明したように殺人や自殺などがあった物件などは間違いなく心理的瑕疵があると言えるでしょう。

ですが他にも心理的瑕疵として考えられるものがあります。
①お墓が見える
②暴力団などが近隣に居住している場合等
③心霊現象が起こるなどの噂で極端に入居率が悪い物件等

他にも事例挙げていけば出てくるでしょうがこういった事も「心理的瑕疵」がある物件として扱われることがあると知っておくといいでしょう。



実際に事故物件ってあるの?
結論から言うと普通にあります!

働いていた時に正直に思ったことが意外と事故物件って多いんだなということでした。
もちろん普通の物件の方が圧倒的に多いですがそれでも働きだすまでは「本当に事故物件ってあるのかな?」くらいの知識しかなかった事もあり多く感じられました。

多く感じたと言っても体感的にですが割合は間違いなく1%未満だと思います。
なので実際に事故物件を紹介されたという人はそんなに多くはいないはずです。



事故物件の見分け方
事故物件かどうか知るにはいくつか見分ける方法があります。

相場からみて家賃が安過ぎる場合
どうしても事故物件の場合は相場と同じくらいの家賃だと借り手が見つからないため家賃を下げる必要があります。

定期借家契約になっている場合
この契約は更新ができないため契約期間が終了すると出ていかなければなりません。
これは告知義務というものに対しての対策と言えます。
基本的には前入居者が亡くなり事故物件となった場合は次の入居者には必ず伝えなければならないという決まりがあります。

そこで定期借家契約により短期間を安い家賃で借りてもらい次の入居者からは告知せずに契約できるようにするというものです。
定期借家契約とは


部屋の一部もしくは一部屋だけがリフォームされている場合
これは事故や事件があった現場だけをリフォームすることがあるためです。


マンション名などが変更されている場合
事故物件などで有名になってしまった場合などはマンション名を変更することで気付かれにくくしている場合があります。


事故物件の情報が多く載っているサイトを活用する
事故物件の情報を取り扱っている「大島てる」という有名なサイトがあります。
一般の方からも投稿される情報が多いため全てが正しい情報というわけではないようですが間違っている情報や根拠がない情報などは削除されたりするようです。

ここで気になっている物件が載っていないかチェックしてみるのも一つの手です。

「大島てる」のサイト→事故物件公示サイト



事故物件の探し方
逆に事故物件でもいいから安いものがいいという方もいることでしょう。
そういう方はどうやって意図的に事故物件を探せばいいのか?

インターネットなどで探す場合は物件検索サイトのフリーワード検索等で「告知義務」や「心理的瑕疵」などで検索してみると少しは出てくるかもしれません。

ただしネット広告上ではそういった情報を載せない事も多いため手っ取り早く探したいなら不動産屋さんに聞いてみるといいでしょう。



まとめ
いかがでしたでしょうか?
事故物件の数自体は多いものではありません。
相場に見合った条件で探している場合は紹介される可能性はほぼないと言えるでしょう。

もしも事故物件に住みたいという方がいるなら不動産屋では事故物件に住みたいとは言わず厳しめの条件を提示してください。
そうすればなかなか物件が見つからないので担当者が困っているタイミングを見計らって「最悪は事故物件でも大丈夫です」のような感じで話しを持っていくことをオススメします。

いきなり事故物件に住みたいと言われると変わった人だと思われてしまうかもしれません。
実際に私自身はそう思った経験があるので一応参考までに。







ブログアフィリエイト
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。