スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【どこから測る?】カーテンの測り方とは

お部屋を決めた後は家具や家電選びで忙しいですよね。
その中で色々とサイズを測ることがあると思います。

今回は測り方が分からないという人が多い「カーテン」の測り方について紹介していきます!


どこを基準に測る?

結論から言うと「カーテンレール」を基準に測りましょう!



カーテンレール サンプル



窓の種類別 計測方法

掃き出し窓(部屋からベランダや庭などに出るための大きな窓)
掃き出し窓 



腰高窓(窓の下が大体腰の高さくらいまであるもの)

腰高窓 



高さの測り方


機能レールと呼ばれる賃貸物件で一般的なカーテンレールの種類で説明していきます。

機能レール 高さ 

基本的には図のようにランナーの下側から測ります。
掃き出し窓の場合は床までの高さを測るようにしましょう!
腰高窓の場合は窓枠の1番下までを測ればオッケーです。


ちなみに賃貸物件ではあまり多くはないですが「装飾レール」と言うものもあります。
その場合も高さの測り方は同じなのでランナーの下側から測るようにしましょう!



幅の測り方

次は幅の測り方です!
上と同じく「機能レール」の場合でまずは説明していきます。


機能レール 横幅 

基本的には固定ランナーの中心から反対側の固定ランナーの中心までを測ります!

ただしカーテンを取り扱っている会社によっては測り方が違うこともあるのでご注意ください。
違うと言っても「固定ランナーの中心から測る」か「固定ランナーの端から測る」かの違いなので正直大きな差はありません。



次は賃貸物件にはあまり多くはないとお伝えした「装飾レール」についても一応説明しておきます。

装飾レール 

装飾レールの場合はキャップの付け根から計測するようにしましょう!



注意点

上で説明したものはあくまで計測方法です!
既製品を購入する場合は関係ありませんがオーダーカーテンなどで注文する場合は計測した数値に「何㎝追加して下さい」や「何%増やして下さい」のように注意書きがあることが多いです。

これは注文する会社によって数値が違うので自分自身でしっかりと確認するようにしましょう!





最後に

いかがでしたでしょうか?
カーテンのサイズが分からずに適当に買ってしまうと短くてチンチクリンな感じになったり、逆に長すぎて床にカーテンがついて埃や汚れがついて汚くなることもあります。

そうならないためにもしっかりと計測してぴったりのカーテンを付けるようにしましょう!


ちなみに「オーダーカーテン」は高いというイメージがある方もいるのではないでしょうか。

↓こちらは国内で最安値を保証しているサイトです!
オンラインカーテン専門店
【カーテン21】


賃貸物件で長い期間住むわけじゃないし、できるだけ費用を抑えたいという方には特にオススメです。

※ちなみにこのサイトではカーテンレールの幅は「固定ランナーの端」から測るよう書いていますのでその通りに測って下さい!





スポンサーサイト

お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。