スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒歩5分って実際何メートルくらいなの?

物件の情報を見ていると駅まで徒歩5分のような表記をよく目にすると思います。

そこで徒歩5分って一体どれくらいの距離なの?と思ったことがある方もいるのではないでしょうか?

今回はどういう計算でその数字を出しているのかということを紹介していきます。

徒歩1分は何メートル?

まず結論から言うと不動産の業界では「徒歩1分=80m」という基準があります。
なので徒歩5分の場合だと400mということになります。

なので1分間で80メートルを歩くことができない場合は表記されている時間よりかかってしまう可能性が高いです。


300メートルは徒歩何分?

逆に距離から考えてみましょう!
300メートル ÷ 80メートル =3.75分(3分45秒)

このように「1分=80メートル」で計算すると小数点が出ることもあります。
この場合、表記としては徒歩4分という形で小数点以下は切り上げられます。

四捨五入ではなく切り上げになるので
500メートル ÷ 80メートル =6.25分(6分15秒)

この場合でも徒歩7分という表記になります。


本当に時間通りに着くの?

果たして1分間で80メートル歩けたとして表記通りの時間で到着するのでしょうか?
これは実際のところ「着くこともあるが着かないこともある」という表現が良いかもしれません。

この計算は1分間で80メートル歩き続けなければ成立しません。

そのため途中の信号で止まったり、坂が急で歩くペースが落ちたりすると表記されている時間を超えてしまいます。



駅のどこを到着としているのか?

駅といっても「駅のホーム」・「駅の改札」・「駅の出入口」基準とするところはいくつかあるように思います。

一体どこを基準に計算しているのでしょうか?

答えは「駅の出入口」です!


地下鉄 駅舎出入口
例)↑駅の出入口


ちなみに駅の出入口がいくつもある場合は物件から最も近い出入口からの距離で計算して良いことになっています。


徒歩何分 駅まで

上の図のような場合は2番出口までの最短距離で計算して表記しているので実際に改札を通って駅のホームに着くには時間がかかってしまうので要注意です。



おとり広告には注意!

ここで1つ気を付けるべきことを書いておきます。
それは「おとり広告」と呼ばれるもので、簡単にいうと嘘の情報を広告しているものです。

今回の記事に関連することで言うなら、駅までかかる時間を短く表記したりすることなどが挙げられます。

本来なら駅まで徒歩で8分はかかるであろう距離を「駅まで徒歩5分」と嘘の表記をして興味を惹くような物件を作り上げているというわけです。

詳細についてはおとり広告とは? を見てください。


駅までかかる時間を正確に知るには?

おとり広告のようなものがあるのなら一体何を信じればいいのでしょうか。

やはり1番良い方法は自分自身で歩いて時間を測るのが確実でしょう。
これならば「おとり広告」に惑わされることもなくなります!

ですがこの方法が使えないという方も多いでしょう。
そういう方は「Googleマップ」のルート検索を使ってみましょう。

なぜこの方法が良いのかというと「Googleマップ」では、信号や坂などの障害となるものを計算して所要時間をだしているからです。

そのため物件情報に載っている「駅まで徒歩○分」というのが信用できない時は「Googleマップ」を使って確認してみることをオススメします!

■Googleマップ https://www.google.co.jp/maps/


まとめ

いかがでしたでしょうか?
お部屋探しにおいて駅までの距離を重要視される人は実際多いです。

ですが、実際に物件を見にいく時は車に乗っていくことが多いため徒歩での距離感が掴みにくいです。

そのため引越しをした後に「思っていたより遠かった」、「聞いていた時間より長くかかる」といったことが起こってしまいます。

そうならないためにもここで知ったことを活かして良いお部屋を見つけてください!

関連記事



スポンサーサイト

お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。