スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっちを提出すればいい?源泉徴収票と所得証明書の違い

みなさんは源泉徴収票と所得証明書の違いをご存知ですか?

京都ではお部屋を契約するときに必要書類として所得が分かるものを提出しなければならないこともあります!
その時に提出するべきものを間違えると再度提出しなければならないので2度手間ですよね。

今回は提出書類を間違わないためにも「源泉徴収票」と「所得証明書」の違いなども含めて簡単に説明していきます。


源泉徴収票とは
源泉徴収票というのはその年の年収と年収に対して支払った所得税や公的年金等が記載されたものです。
期間としては1月1日〜12月31日までの1年間分について記載されています。

源泉徴収票に関しては基本的に会社員の方にしか発行されず、個人事業主の方などは持っていません。

発行時期は?
12月の給与が支払われた後に発行されます。
よくあるのは12月の給与明細を渡されるのと同時に源泉徴収票も渡されるということが多いです。



所得証明書とは
所得証明書は市町村が発行する所得を証明するものです。

もし2つ以上の会社に勤めている場合は源泉徴収票が2つあるため正確な所得が分かりません。
ですが所得証明書であれば全て合わした所得が記載されています。

個人事業主の人たちは所得を証明するためにはこの所得証明書が公的な書類となります。

ちなみに記載される所得は前年中の所得が記載されています。
例)平成30年度の所得証明書には平成29年中(1月1日〜12月31日)の所得が記載されています。

発行時期は?
基本的には手続きをすればいつでも取得可能です。
※ただし新年度の所得証明書は地域によって発行できる時期が異なるため各市町村の窓口にお問い合わせください。
ちなみに京都市では6月1日から新年度の所得証明書が発行可能です。



源泉徴収票と所得証明書の違い
簡単にいうと発行しているところが「働いている会社」か「市町村」かの違いです。

また、複数の会社に勤めいている可能性なども考えると正確な年収を知るには市町村が発行する所得証明書が必要です。



年収の記載欄はどの金額を書けばいい?
お部屋を申し込むとなった時に必ず申込書というものを書かなければなりません。
ほとんどの申込書には年収を書く欄がありますがどの金額を書けばいいか分からないという方も多いようです。

結論から言うと「源泉徴収票」や「所得証明書」に書かれた金額で1番大きい金額を書いてください!
要するに税金などが引かれる前の状態の金額を書けばいいということです。



不動産屋にはどちらを提出するべき?
これは不動産屋の指示に従えば問題ありませんが曖昧にしか伝えられないこともよくあります。

例)所得が分かるものを提出してください

この場合だと「源泉徴収票」も「所得証明書」のどちらでも所得を証明するものなのでどちらを提出すればいいか分かりません。

一番いいのはその場でどちらを提出すればいいのか確認することですが、メールなどで問い合わせをしていてタイミングが合わない場合は所得証明書を取っておくのが無難と言えるでしょう。


経験からいうと所得証明書を提出すると言って源泉徴収票じゃないとダメだと言われたことは一度もありませんが、そう言ったことが起こる可能性もあるので注意は必要です。

ちなみに確定申告書で所得の証明として扱ってくれる場合もあります。
※審査の段階は確定申告書でいいが契約する場合は所得証明書の提出が必要になる場合もあります



まとめ
いかがでしたでしょうか?
源泉徴収票」と「所得証明書」の違いについては簡単にしか説明をしていないので気になる方は下にリンクを貼っておきますのでそちらで確認してみてください。

部屋を借りる時には今後支払っていけるだけの所得があるのか確認するために所得が分かる書類を提出しなければならないことがあります。
申し込みの段階では必要になる書類が分からないことも多いため年収をごまかして申込書に書いて後でバレてしまったという人もいます。
そうなると申込時に嘘の記載をしたとして契約ができなくなることもあるので気を付けてください!

所得が分かる書類の提出を求められている場合は、時間に余裕があるのなら「源泉徴収票」か「所得証明書」のどちらを提出するべきか確認するべきでしょう。
もし確認が取れない場合は「所得証明書」を提出する準備をしておきましょう。


源泉徴収票と所得証明書の違いについて
源泉徴収票とは?その見方と発行時期をチェック
所得証明書(課税証明書)の使い方と取得方法






スポンサーサイト

お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。