スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベランダとバルコニーの違いは?

皆さんはベランダとバルコニーの違いをご存知ですか?

正直なところ今の賃貸業界ではそこまでしっかりと区別ができているわけではありません。

ですが一応決まりがあるので知識として知っておいても損はないでしょう!


ベランダとは
建物の外側にある屋根付きの歩行ができるスペースのことです。

マンションやアパートの場合は1階であってもベランダと言います。


ベランダ
この写真のような物件が賃貸で言う一般的なベランダです。


マンション外観1

この写真も分かりやすいです!
多くの場合、この写真のように上の階のベランダ部分が下の階の屋根という構造になっています。

※戸建ての物件などになってくると写真のイメージとは異なります。
あくまで賃貸マンションをイメージしてください!



バルコニーとは
2階以上であり、手すりが付いている屋根のないスペースのことです。

ベランダと大きく違うところといえばやはり屋根がないというところでしょう!


バルコニー
この写真のように屋根がないのがバルコニーです!

一般的にはベランダと比べるとバルコニーの方が広く造られていることが多いです。
理由として、屋根がないのでその分外側にせり出して造ることができるからです。


ちなみに下の階の屋根を利用した広いバルコニーがたまにありますがそれは「ルーフバルコニー」と言います。
ルーフバルコニー
こんな感じのものです!
よくあるバルコニーと比べても広々としていますよね?

実際にはもっと広いルーフバルコニーを見たこともあります。
体感的には部屋の3倍はありそうな感じでした!

その物件が紹介されているサイトがあったので参考までに
京都トンガリエステート


補足
バルコニーは2階以上というのが前提でしたが1階で屋根がない場合はどうなるのか?

これは「テラス」という扱いになることが多いです。




まとめ
いかがでしたでしょうか?
なんとなく違いについては分かっていただけたでしょうか?
実際お部屋探しに行くとここまで厳密にベランダとバルコニーの区別されていないのが現状なので豆知識程度に考えておいてください!







ブログアフィリエイト


スポンサーサイト

お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。