スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専有面積はどこまで含まれる?意外な場所が共用部分⁉︎

お部屋探しで物件の資料をもらうと「専有面積」という部屋の広さが記載されていることが多いです。

ちなみに専有面積はお部屋のどの部分まで含まれているかご存知ですか?

今回は専有面積について説明していきます!


専有面積とは?
マンションやアパートなどでは入居者が共同で使う場所(エントランス・階段等)と個人的に使える場所に分かれます。
その中で個人的に使える場所の面積が専有面積と呼ばれるものです。

そしてこの専有面積の計算方法は2つあります。
1つは「壁心面積」というもので柱や壁の厚みの中心線から測られた床面積です。
読み方は「へきしん・かべしん」のどちらも使われているようです。

もう一つは「内法面積」というもので壁の内側の実際に使用できる部分の床面積です。
読み方は「うちのり」と読みます。

壁心面積

上の図のように赤い線のところから計測を行うため壁心面積で計算した専有面積の方が広くなります。

このように計測方法が2つあるということを知っておきましょう。


専有面積はどこまで含まれる?
部屋自体が含まれることはなんとなく分かると思います!
そこで「この場所はどうなの?」と疑問が多い場所について説明していきます。


お風呂とトイレ
このスペースは完全に個人として通常生活において利用するので専有面積として考えられます。


収納スペース
ここも居住スペースとしては使われないものの完全に個人の空間として利用していることから専有面積に含まれます。


ベランダ
この流れからいくとベランダも専有面積だと思う方も多いでしょう!
ですがベランダに関しては専有面積には含まれません。

もちろん基本的に利用できるのは借りている本人のみですが緊急時には避難経路として使われることもあります。
そのため共用部分という扱いになるのでベランダが物で埋め尽くされているという方はきれいにしておきましょう。
通常の賃貸では共用部分という扱いですが分譲マンションなどの場合は占有部分(専有とは異なる)と扱うことが多いです。


ロフト
これも部屋の中にあるんだしもちろん含まれるだろうと思っている方はいませんか?
実はロフトに関しても占有面積には含まれません。
なので「専有面積:20㎡」とある物件にロフトが付いている場合は「20㎡+ロフト」となります。

ただし気をつけなければならいのがこのロフトの広さを専有面積として含めて広告されていることがあるということです。
なので「この広さにロフトが付いているならかなり広い」と思って内覧にいくと想像よりも狭いということもあります。
ロフト付きの物件を見にいく前には念のため確認しておくと無駄足にならずに済みますよ!



まとめ
いかがでしたでしょうか?

通常の賃貸物件では「壁心面積」か「内法面積」かどちらを使っているか曖昧なところがあります。
単身者向けの物件であればどちらでもそこまで大きな差にはならないのでそこまで深く気にする必要はないかと思います。

ファミリー様向けのかなり大きな物件であればどちらで計算しているか聞いてみてもいいかもしれません。
仲介業者であってもどちらの計算方法を使っているかは正直把握していないので物件を管理している人に確認をとってくれるでしょう。

ただ何年も働いていましたがここまで聞いてきた人には一人も出会ったことはないので聞く際は「かなり細かい人」だと思われることは覚悟してください!

最後に
個人的な感覚ですが賃貸物件では「内法面積」で表記しているパターンが多い感じはするので実際見に行っても広さの違いにはそこまで違和感は感じないのではないかと思います。



国内&海外ホテル予約『トリバゴ』




スポンサーサイト

お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。