スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【意外と知られていない!?】保証会社の役目とは

保証会社とは
京都でお部屋を探しをすると「保証会社」という聞き慣れない言葉を聞くことになります。
京都では多くの物件でこの保証会社というものに加入することが入居の条件になっていることがあります。

これは一体どういうものなのか?

簡単にいうと物件の所有者(大家さん)への家賃が滞らないようにするためのシステムです。
仮にお部屋を借りた方が家賃を滞納してしまうと本来は所有者の方にはお金が入りませんよね?

ですがお部屋を借りられる方に保証会社に入ってもらえれば滞納があっても保証会社から所有者へ家賃分が支払われます。
もちろん保証会社から入居者に立て替えた分の家賃を払って下さいという督促がありますので家賃を支払わなくてもいいわけではありません。

そしてこの保証会社に入った上で連帯保証人も用意してほしいと言われることもあります。
このように二重で保証をかけるようなことをする地域はあまりないみたいです。

もちろん連帯保証人がいれば保証会社はいらないですというところもあります。

逆に保証会社には入ってもらうが連帯保証人は不要ですというパターンもあります。
なので連帯保証人を立てることができなくても保証会社に入れば住むことができる物件もあります。

ちなみに保証会社の加入には審査というものがあります。
この審査に落ちてしまうとその物件に住めないということもあります。
審査とはどういったところを見られているかというのはこちらの記事を参考にしてみてください。


保証会社の種類
保証会社には信販系や独立系といったものがあります。


信販系
審査が独立系の保証会社と比べると少し厳しめなところが多いです。
クレジットカード事故を起こしている場合はかなりの確率で審査に落とされてしまいます。
たまたま勘違いで支払いが遅れたなどの理由に関係なく支払いが遅れたという事実だけが見られてしまうので気をつけましょう。
そしてこういうクレジットカードの事故や自己破産の情報などは「CIC」という情報機関で共有されています。
信販系の会社はこういった情報を参考にしているということを覚えておきましょう。

〈メリット〉
・保証料が安いものが多い

〈デメリット〉
・審査基準が厳しめ

主な信販系保証会社
・エポス
・オリコ
・セディナ
・ジャックス
・セゾン


独立系
上で説明した「CIC」などから情報を入手していないため申込書の内容や以前に家賃滞納を起こしていないかなどチェックしています。
そのためクレジットカードで問題を起こしたことがある人でも独立系の保証会社を利用する場合は問題なく審査に通ることも多いです。

〈メリット〉
審査が通りやすい

〈デメリット〉
保証料が信販系と比べると高いことが多い


主な独立系保証会社
・日本セーフティー
・リクルートフォレント
・全保連
・日本賃貸保証(JID)
・近畿保証サービス
・フォーシーズ


ちなみに保証会社は様々な種類のものがありますが実際選ぶことができないことがほとんどです。
基本的には指定されたものに加入することになります。
そのため保証料が安い保証会社を自分で見つけてもその保証会社を利用できるかは分かりません。


審査が通りやすい保証会社

フォーシーズ
ここは圧倒的な審査の承認率を誇っています。
最後の砦とも言われる保証会社なのでここを使う場合はほぼ審査が通ります!
ちなみに保証料は他のものと比べると高くなっています。


日本セーフティー
全保連
この2つも比較的審査は緩い方です。



最後に
いかがでしたでしょうか?
正直しっかりと家賃を払っている人からすると保証料は無駄な費用になってしまいます。
ですが物件の所有者の方からすると大事な収入源を守るための保険のようなものです。
もし自分が物件を持っているならと考えると少しは納得できる仕組みかもしれないですね!







ブログアフィリエイト


スポンサーサイト

お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。