スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畳と帖の違いとは?

畳と帖の違いとは?

結論から言うと特に定義はされていません!

昔はタタミを使っていることが多かったので「畳」を使っていましたが最近ではフローリングが多くなってきたこともあり畳(タタミ)と区別がしやすいよう「帖」を使うようになってきているようです。

さらに最近の賃貸の図面では和室であっても下の写真のようにタタミの形で和室を表すことが増えてきています。
そして和室であっても「帖」で表記しているものがほとんどです。


図面



ちなみに畳(タタミ)にも種類がいくつかあることはご存知ですか?

・京 間:955mm × 1,910mm
・中京間:910mm × 1,820mm
・江戸間:880mm × 1,760mm
・団地間:850mm × 1,700mm

主にこの4種類がありサイズも違っています。
1番大きい京間は京都より西側で使われることが多いようです。


ここで1つ大事な注意点があります!
京都で部屋を探すからと言って必ず京間が使われているということはありません。
むしろ賃貸であれば京間を使っていることの方が少なく感じられます。
そのため物件を見ずに部屋を決めた人は特に家具を買う際に京間だと決めつけて買わないようにしましょう!

そしてお部屋探しの際は帖数だけでなく「平米数=㎡」をチェックすることを忘れないようにしてください。



最後に
いかがでしたでしょうか?
京都だからと言って必ず京間を使っているわけではないということを知らない方は意外と多くいらっしゃいます。
もしこれから京都に引っ越しを考えているのであれば気をつけてくださいね!
実際お部屋を見られるのであればしっかり採寸をして家具の購入などで失敗しないようにしましょう。






ブログアフィリエイト
スポンサーサイト

お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。