スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ムカつく】こんな不動産屋はやめておけ

お部屋探しの時にみなさんが行く不動産屋は仲介業者と呼ばれるものが一般的です。

今回は良い仲介業者と悪い仲介業者の対応について紹介していきます。


物件問い合わせ時に見るべきポイント
1番最初に仲介業者と関わるのは問い合わせをした時です。
ここでも見分けるポイントがあります。

電話で問い合わせる場合
①電話で気になる物件を問い合わせた際にその物件が空室かどうかや案内ができるかを答えてくれる早さで見極めます。

一見すぐに答えてくれる方がいい業者な気もしますが実は違います。

仲介業者というのは物件の所有者から募集を任されているだけなので現状空室なのかどうかというのは所有者に確認する必要があります。

そのため空いているので案内できますよとすぐに答えるのは来店してもらう理由を作るための可能性があります。
空いていると言えば仲介業者は「いつ見に来ることができますか?」という話に持っていきやすくなります。

仲介業者は来店してもらうことが大事なので最新情報を確認せずに答えている可能性があることを知っておきましょう。

もちろん例外もあります。
仲介業者が管理している物件や問い合わせの直前に確認しているということもあります。

もしすぐに空室情報や案内ができると言われた場合は「自社物件ですか?」や「本日空き確認をされたのですか?」と聞いてみてもいいでしょう。
どちらでもない場合は適当に答えている可能性が高いので要注意です!


しっかりとした業者であれば確認して折り返し連絡を入れるという方法を取ることが多いです。


ちなみに上で紹介したのは問い合わせる物件が決まっている場合のものです。

②特に物件を決めているわけではないがこんな条件で探して欲しいということを伝えるために電話した場合はいかに早く答えてくれるかが大事です。

これはいい業者かどうか見極めるというよりは知識のある営業マンかどうかを見極める方法といった方がいいかもしれないです。
電話してすぐに物件をいくつか提案してくれるようなら知識はしっかりとした営業マンと言えるでしょう。


メールで問い合わせる場合

メールで問い合わせた場合は返信の速度と内容で見極めましょう

メールの場合は返信速度は早い方が良い業者の確率が高いです。
もちろん内容がしっかりとしていることが前提です。
例えば質問内容にしっかりと答えられているかどうかや文面の言葉遣いなどもチェックするポイントです。

正直メールの問い合わせでチェックできるポイントはこれくらいしかありません。

メールだと普通だけど実際行くと話し方や態度がめちゃくちゃ悪い業者もあります。


ちなみにメールで問い合わせをする時に電話番号を記載すると高い確率で電話がかかってきます。
そのためメールのみでやり取りをしたい方は電話番号は記載しない方がいいですよ!



接客を見て良い業者かどうか見極める方法

しっかりと名刺を出し名乗るかどうかというところです。
こんなの当たり前だろと思う方も多いとは思いますが名刺も出さず名乗りもしない業者もあります。

こんな基本的なこともできない業者では契約をしない方がいいでしょう。
後々トラブル等が起こった時などの対応も悪いことが多いです。

話をしっかりと聞いてくれない
質問した内容に的外れな答えをしてきたり、いきなり話題を切り替えてきたりするのは要注意です。
シンプルに質問の意図を読み違えている場合はまだ良いのですが質問内容を分かった上で的外れな答えをしている場合があります。
主に、業者にとって不都合がある質問の時にそういうことをすることがあります。

さらに話題を切り替える場合はそのまま話していくと業者にとって伝えたくない情報が伝わりそうになったからの可能性があります。



案内を見て良い業者か見極める方法

運転が荒っぽい
お客さんを乗せているという意識を欠いているような運転をする業者もたまにいます。

物件に入る時にスリッパを出されるかどうか
このあたりもしっかりと教育されている業者であればちゃんと準備されています。

明らかに物件に対する知識や周辺に対する知識がない
これは仲介業者としては完全にダメな例ですね。

ただし物件に対する知識がないのは新人さんなどの可能性が高いです。
新人さんはベテランの営業マンに比べ熱心に探してくれるため意外と良い物件に巡り会えることがあります。

知識は別になくてもいいけどいっぱい探して欲しいという方は新人さんの方が親身になって探してくれることが多いのでデメリットだけというわけではありません!




まとめ
正直なところ問い合わせの段階では良い業者か悪い業者か見分けるのはなかなか難しいです。

実際に店舗に行ってみて態度が悪ければすぐに帰りましょう!
その店舗でしか扱っていない物件なんてものはそう多くはありません!

すでに気になっている物件があったのなら違う業者でも取り扱える可能性が高いので信用できそうな業者にその物件も取り扱っているか聞いてみるといいでしょう。

最後に重要なアドバイスしておきます!
良い業者か悪い業者か判断をするのであればどちらかと言うと知識面よりもマナー面を重視した方が良いです。

マナーがなっていない会社と契約すると本当にイライラすることが増えてしまいます。

もし新人さんが担当で知識面が不安なのであれば担当者を変更してもらうことも可能でしょう。
せっかくの新生活を台無しにしないためにも良い業者をしっかりと見極めることが大切ですよ!



全200種類以上!柄が選べるオーダーカーテン cucan


スポンサーサイト

お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。