スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【知らないと損をする】賃貸物件のキャンセルについて

賃貸物件はどのタイミングまでキャンセルできるの?


お部屋を申し込んだ後に物件をキャンセルしたいと思ったことがある方も多いのではないでしょうか?

今回はどのタイミングまでならキャンセルができるのかというところを書いていきます。

①申し込み(申込書の記入)

②入居審査中

③入居審査後

④重要事項説明を聞いたあと

⑤契約書に署名・捺印後

⑥決済金の振り込みをした後

⑦鍵を受け取った後


多少番号が前後することはありますがざっくりとした流れとしてはこんな感じです。


申し込み(申込書の記入)
この段階であれば何も問題なくキャンセルできます。
もし申込金などの名目でお金を支払っていた場合でも全額返金されますので安心してください。


入居審査中
この段階も特に何も問題はありません。
申込金などのお金も返金されます。


入居審査後
このあたりでもキャンセルは可能です。
ただし保証会社などを利用している場合は審査後にキャンセルをしても手数料は必要ですと申し込みの段階で記載されていることがあるので気を付けてください。
申込金などに関しては全額返金されますのでご安心ください。


重要事項説明を聞いた後
インターネットで検索すると多くの記事で重要事項説明後はキャンセルができないと書いていますがそんなことはありません。

重要事項説明を聞いた後に署名を行いますが署名する欄には資格を持った者から説明を受けましたというような内容が書かれているだけです。

ここに署名したら契約締結ですとは書かれていません。
なのでこのタイミングであってもキャンセルすることは可能です。

ただし重要事項説明後に手付金を支払った場合などは手付金に関しては返金されませんので気を付けてください。
申込金に関しては返金されます。

ちなみに申込金と手付金は違うものなのでそのあたりも理解しておくといいでしょう。
分からない方はこちらの申込金と手付金の違いを読んでみてください。


⑤⑥契約書に署名・捺印後・決済金の振り込みをした後
このあたりから正直難しくなってきます。

契約書に署名・捺印をした時点で契約が締結したとみなされることが多いからです。
そうなってくると返金されることは難しくなってきます。

もちろん入居していないのであれば敷金などは返金されるべきですがそのあたりは交渉していくしかないでしょう。
火災保険などは契約にもよりますが満額返金されることもあります。


鍵を受け取った後
この段階ではキャンセルは不可能です。

完全に契約が完了しているためもちろんお金は返ってきません。
もしこの物件は嫌だとなるのであれば解約ということになりますので契約通りの解約予告を守り退去するしかありません。

もちろん重要事項説明で聞いていた内容や間取りに大きな違いがある場合などは契約を取り消すことができる可能性が高いです。

ただし細かい違いに関しては紹介された時の資料などにも「現況と図面に相違があった場合、現況を優先します」というようなことが記載されているためうまいこと逃げられてしまうことが多いですね。


例外もあります
上で説明した流れは一般的な流れですがこれ以外の流れで進むこともよくあります。

もし仮に契約書への署名・捺印後や決済金を振り込んだ後でも重要事項説明を聞いていない場合はキャンセルが可能です。

重要事項説明は契約を締結する前に行わなければならないため聞いていないのであれば締結していません。
そのため契約書に署名・捺印していようがキャンセルすることはできます。

重要事項説明を聞くことで契約締結というわけではありませんが契約を締結するためには重要事項説明は聞いておかなければいけないということです。



キャンセルすることによるデメリット
無事にキャンセルができたと思っている場合でも実はデメリットが生まれていることがあります。

例えばキャンセルした物件の所有者と新しく気に入った物件の所有者が同じだった場合は入居審査で落とされることもあります。

他にはキャンセル後も引き続き同じ営業マンにお願いする場合はその営業マンのやる気は下がっている可能性があります。
もしやる気が下がっているのを感じたなら業者を変えれば済むことなのでそこまで気にしなくてもいいでしょう。

こういったことも起こりうるとしっかり把握しておきましょう。

無駄にキャンセルを続けていると住める物件がどんどん減っていってしまいます!


最後に
仲介業者は数多くありますが入居審査が通れば契約締結だという業者もあれば、鍵を渡す(契約開始日)までにキャンセルした場合は全額返金しますという業者もあります。
正直なところ契約締結のタイミングをどこにするかは業者によって違うのが現状です。

こういうややこしい問題を起こさないためにはキャンセルをしないことが1番でしょう!
そのためにはしっかりと考えた上で安易な申し込みはしないことが大事です。

まあこの記事を読んでいるということはキャンセルを考えている方が多いと思います。

まず言えることはキャンセルすると決まったならすぐに業者へ連絡を入れましょう。

連絡が遅れるほど業者はキャンセルになる物件に無駄な時間を費やすことになるのです。
言いにくいからと先延ばしにしていると大きな問題になってしまうこともあるので気を付けてください!







スポンサーサイト

お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。