スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックリストって本当にあるの?

お部屋探しの時にいく仲介業者にはブラックリストはあるのか?

結論から言うとあります!

少なくとも私が働いていた会社にはありました。

どういう人達がブラックリストに載るのかというと基本的に犯罪を犯した人達ばかりでした。

新聞やニュースなどから情報を入手してそのままブラックリストに登録されます。

基本的にはよくクレームを入れるような人でもブラックリストに載るようなことはありません。

もちろん営業マンを脅迫したりした場合はニュースなどになっていなくても即ブラックリストに載ります。

ちなみにそのブラックリストとは不動産業界全体に知れ渡っているものではなくあくまで会社単位で行なっているものです。

そのためA社では登録されていて物件を紹介してもらえなかったがB社では問題なく紹介してもらえるということもあります。

まあ法に触れるようなことをしない限りはブラックリストに載ることはないでしょう!



保証会社にはブラックリストはあるの?

ブラックリストという名目ではありませんがそういうものは存在しています。

保証会社にも種類があり信販系や独立系などがあります。

信販系の保証会社はクレジットカードなどで未払いや滞納があった場合は審査が通りにくくなってしまいます。
審査が独立系の保証会社と比べると少し厳しめなところが多いです。


独立系の保証会社はクレジットカードの情報などを入手することができないため申込書の内容や以前に家賃滞納を起こしていないかなどチェックしています。

そのためクレジットカードで問題を起こしたことがある人でも独立系の保証会社を利用する場合は問題なく審査に通ることも多いです。



最後に
普通に生活していれば仲介業者のブラックリストに載ることはないでしょう。
あとはクレジットカードの未払いや今住んでいる物件で家賃滞納を起こさなければ問題ありません!

もし信販系の会社の審査が通らないからといっても住める物件がなくなる訳ではないので安心してお部屋探しをしましょう。








【JCB/AMEX】1秒スキャルFX
スポンサーサイト

お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。