スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お部屋探しアドバイス ファミリー編

今回はファミリーの方向けのお部屋探しアドバイスです

結婚をきっかけに、お子様が生まれるから、お子様が大きくなってきたなど理由は色々あると思います。

そこで失敗しないファミリーの方のお部屋選びの方法を紹介していきます。

建物の造りがしっかりしているところを選ぶ

まだお子様が小さい方などは子供が騒いで隣や下の階の人に迷惑をかけてしまうのではと悩むことも多いですよね。
その悩みは建物の造りがしっかりしている物件を選ぶことで軽減することができます。
造りとしては鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造が強いためオススメです。
造りについての詳細はこちらを参考にどうぞ。


特優賃(とくゆうちん)・UR賃貸の活用
礼金や更新料、仲介手数料がかからない珍しいタイプの賃貸物件です。
特優賃(とくゆうちん)はファミリー物件のみの取り扱いです。
UR賃貸は単身物件も取り扱っているがファミリーの方にも人気が高いです。
どちらも費用を抑えられるというメリットは高く、さらに造りがしている物件も多いです。

特優賃(とくゆうちん)とは?
UR賃貸とは?


学区のことも考える
今はまだ小学校に上がるような年齢ではないと油断しているとすぐにそういう時期になります。
最初にそこまで考えずにいて、いざ学校に通う時期になって調べてみるとあまり評判が良くないなんてこともよくあります。

そんな時にまた引っ越しをするとなると費用もかかり勿体無いですよね。
それだったら最初から通わせたい学校区に住めば良いんです。
そうすれば近くの保育園や幼稚園で出来た友達とも一緒に小学校に行ける可能性も高いですよね。


条件交渉はするべき

ファミリー物件は単身用の物件に比べてもちろん家賃は高いですよね。
他にも敷金や礼金のように他にもかかってくる費用はたくさんあるわけです。

ということは1部屋に対して物件の所有者に入るお金もそこそこな額になります。
そこで家賃や敷金・礼金を少し下げて決めてもらえるならそっちの方が所有者としてもお得なことが多いんです。
なぜならそこから入居希望者が現れなければその部屋の収入は0になるからです。


これに関しては引っ越し時期によってたくさんの問い合わせがある状況では難しいこともあります。
ですが交渉して下がればラッキーなのでやってみる価値はあるでしょう。

条件交渉をやってみようという方はこちらの条件交渉のコツを一度読んでみてください。



最後に

ファミリー物件などは家賃も高いものが多いので慌てて探さず時間をかけて探すことをオススメします。

ちなみにその地域にずっと住むと決めているなら賃貸ではなく一戸建てやマンションの購入も検討してもいいかもしれませんね。
賃貸で払った家賃は返ってきませんがローンで購入した物件は資産として残ります。
毎月払う予定の家賃ならどんな物件が購入できるのかも調べてみてもいいかもしれませんね!






タウンライフ不動産売買(購入)
タウンライフ不動産売買(売却)

ブログアフィリエイト
スポンサーサイト

お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。