スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部屋の広さってどれくらい必要?

お部屋の広さが何帖とか言われてもピンとこないという方のために今回はお部屋の広さがどれくらいあれば十分なのかということを紹介していきます。

一般的なパターン(最低限これくらいあればなんとかなるというレベル)で書いていきますので物が多い方などは当てはまらないこともあります。

1人で住む場合
初めて一人暮らしをする方などはどれくらい広さがあれば最低限の生活ができるか分かりづらいと思います。
実家ではすごい広い部屋だったり、逆にベッドくらいしか置いていないという方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと6帖あれば必要最低限の物しか置かなければ問題ありません。

例えば、部屋に置く大きなものはベッド、テーブル、テレビ、本棚これくらいあれば生活には困りませんよね。
6帖はこれらを置いても普通に生活できるスペースはあります。
広さに余裕があるかと言われれば全然ありませんが最低限のものしか置かないのであれば十分だと言うレベルです。

ソファーが置きたい、インテリアにこだわりたい方は最低でも8帖くらいの広さは必要になってきます。
ちなみにお部屋の形は正方形が家具の配置がしやすいのでオススメです。

一人暮らし用の家具はこちら



2人で住む場合
2人といっても色んなパターンがありますよね。
やはり多いのは新婚の方、カップルでの同棲が多いです。

こういう場合は1LDKあれば特に不自由なく暮らすことができます。

どうしても自分だけの空間が欲しい方は2LDKなどにしてもいいですがそうなると家賃はグンと上がります。

もう1つ2人入居で多いパターンはルームシェアです。
ルームシェアは同性の友達や兄弟などでの入居の場合がほとんどですね。
この場合はそれぞれの部屋がある2K〜2LDKの物件がオススメです。



3人以上の入居の場合

この場合は最低でも2LDK以上は必要でしょう。

ここまでくるとどういう家族構成かなども影響してきますがどんな家族構成であっても2LDKは欲しいところです。
もちろん上を見れば3LDKや4LDKの物件もありますがやはり家賃はかなり高くなります。
自分たちの家族構成を考えて誰のためにどんな部屋が必要かしっかり把握した上で間取りを選択していくことが大切です。


最後に
部屋を探す前のアドバイスとしてまずは自分の今住んでいる部屋が何帖あるか調べてみましょう。
物件に行くとほぼ何も物が置かれていない部屋を見ることになるので広さがイメージしづらいです。
自分の部屋の広さを知ることで探すときの目安にすることができるので意外と役立ちますよ。




オリジナルのモダンデザイン家具を取り扱うインテリアショップ




ブログアフィリエイト
スポンサーサイト

お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。