スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【必見!】初期費用を安くする方法

お部屋を探しに行くと思っていたよりも費用がかかると思ったことがある方は多いのではないでしょうか?

今回はお部屋を契約する際に初めにかかってくる費用をなるべく安くする方法を紹介していきます。

引っ越しとなればお部屋の契約以外にも色々と家具を買ったりなどでお金が必要になってきますよね。

なるべく初期費用を抑えて引っ越しできればと誰もが考えると思います。

実は簡単に初期費用を抑えられる方法があるんです!

もちろん100%という訳ではありませんがこれから紹介するもののどれかは成功するでしょう!

条件交渉をしてみる。

これは基本的なところですが家賃や敷金・礼金その他のオプションなどを減額もしくはなくしてもらうことで費用を抑えられます。
こちらの記事を参考にどうぞ→条件交渉のコツ

最初に行った業者で出してもらった見積もりを持って違う業者に行く。
これは結構成功率は高いですね。

業者の見積もりにはオプションとして本来不要なものを当たり前かのように入れることが多々あります。

このオプション商品などは業者の売上の重要な部分が多いです。

そのため必ずかかってくる費用ですと説明を受けることが多いですがそうとは限りません。

違う業者に持って行くとうちの店ではこの商品は不要なので安く契約できますよとなることも多いです。

オプション商品として多いものはトラブルサポートや除菌・抗菌(消毒)みたいなものです。

物件によっては加入することが入居のための必須条件になっていることもあります。

2つの業者に行けば必須かどうかは分かると思いますので安くしたい方は2つ以上の業者に行ってみると良いですよ。

キャッシュバックシステムがあるサイトを活用する

これは安くするとは違いますが最終的に手元に残るお金のことを考えると使ってみても良いですね。







上のようなサイトではキャッシュバックが行われています。

問い合わせをした物件で契約し、さらに問い合わせを入れた業者で契約しないといけないなど条件はあります。

他にもキャッシュバックには手順がありますのでご利用される場合は問い合わせを入れる前にしっかりと確認しましょう!

火災保険の選定
基本的に火災保険に入ることは必須と言っていいでしょう。

この火災保険に関しては何も言わなければ大体指定された火災保険に入ることになってしまいます。

安いものなどもありますが大体は自分で探した方が安いものが見つかります。

大学生の方などは大学生協の火災保険があるのでそこで加入すれば大丈夫な場合もあります。

自分で選んだ火災保険に入った場合は加入したという証明を提出する必要があるので少し手間なのがデメリットです。

もちろん指定した火災保険に入るように言われることもありますのでご注意ください。

最後に
いかがでしたでしょうか?
少しだけ安くする程度であればそれなりの知識を持っていると意外と簡単にできます。
お部屋探しの際は一度試してみてください!








ブログアフィリエイト
スポンサーサイト

お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。