スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お部屋探しの3本柱】良い物件を見つけるには?

今回は良い物件の見つける方法を紹介していきます。
新生活で快適な暮らしを手にいれるために是非参考にしてください。

そもそも良い物件と言っても何を基準に良いかというのは人それぞれです。
仲介業者に行って良い物件を紹介してくれと言っても的外れな物件を紹介されることもあるでしょう。

まずは自分の中での理想の物件をイメージすることで良い物件の基準を固めていきましょう!
特に条件面の具体的な数字を決めることが大切です。

ここで条件設定をする上で大事な3つの柱を覚えておきましょう!

家賃(月々かかる費用・最初にかかる費用等) お金に関わるもの

立地(駅までの距離、学校までの距離、職場までの距離等)

設備(セパレート、オートロック付き、2口や3口コンロ、2階以上等)

この3つの中で優先順位を決めておきましょう!

もちろん全てが理想どうりの物件が見つけることができればいいですがなかなか難しいです。

そういう時に妥協できるポイントを決めておくと理想に近い物件を見つけることはできますよね。
ここがブレている人はいつまでたっても部屋を見つけられず時間を無駄にしてしまいます。


例えば家賃は5万円まで、初期費用は20万円まで、駅まで徒歩10分以内、セパレート(お風呂とトイレ別)など決めていきます。

なんとなく決まってくればインターネットで検索をかけてみましょう!
そうすれば自分が求めている物件がどれくらいあるのかが分かります。

もし選びきれないほど多くの物件が出てきたなら決めた優先順位を参考に検索条件を少し変更してみると良いです。

駅をよく利用される方などは徒歩10分の部分を徒歩5分に変えたりなど自分の生活スタイルにあった変更がオススメです。

滅多に駅を使わないのに駅までの時間を気にして検索に引っ掛かる物件を減らす必要はありません。

駅の近くというのは需要が多いため家賃も高く設定されています。

仮に全く同じ物件があったとすると駅から離れた場所にあるほど安くなっていきます。

駅を利用しないのに無駄に家賃を上げるのは勿体無いですよね。

生活スタイルに合った条件の変更とは料理をよくする方などが2口コンロがいいなとかそういう条件の変え方が理想です。

そして良い物件が見つかればあとは問い合わせをして仲介業者へ向かうだけですね!

あとは希望条件を業者に伝えて問い合わせた物件以外にも良い物件があるかを聞いてみましょう。

とにかく最初に決めた優先順位はなるべくブレないように心掛けましょう。





ちなみに実際に部屋を見に行った時に気をつけて見るべきところをまとめた記事があるのでこちらも参考にどうぞ。
内覧の時見るべきポイント








ブログアフィリエイト
スポンサーサイト

お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。