スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敷金・礼金って返ってくるの?

お部屋を探していると必ず敷金・礼金という言葉を耳にしますよね。

今回はよくある質問で敷金とか礼金は返ってくるのかということに答えていきます。

結論から言うと敷金は返ってきて、礼金は返ってきません

礼金に関しては返ってこないので借りるときにはなるべく安い方がいいです。

ですが良い物件の場合は礼金が高い場合が結構あります。

理由としては礼金があっても借りたいと言う人がたくさんいるからです。

たまにボロボロの物件なのに礼金をしっかり取るようなものもあるので礼金が高いから良い物件ということではないので注意してください。

そして問題は返ってくる敷金の方です!

返ってくるといっても一体いくら返ってくるのかというところが気になりますよね。

普通に使っていれば基本的には全額返ってくるものです!

ですが家賃の滞納があったり部屋の設備を壊していたりすると敷金から補填されるため残額が返金されることになります。

もちろん敷金の分を超える滞納や破損があれば請求されますのでご注意ください。

最近では最初に定額で敷金からこれだけは引きますと明記する契約が増えています。

そういう契約の場合はどれだけキレイにしていてもその分は引かれてしまいます。

ここで契約するときにしっかり確認しておいた方がいいことも紹介します。

例えば敷金が10万円と表記されていた場合に「敷引き」というものが記載されているか見ておいてください。

敷金10万円(敷引き10万円)と書かれているような場合は1円も返ってきません。

敷引きとは敷金からこれだけ引きますよというものなので上の例でいうと全額引かれることになります。

これは実質礼金に近いものなので要注意です。

敷金・礼金は結構大きな額になることもあるので知っておいて損はしない知識です。

しっかりとした知識をつけて騙されないようにしましょう!



公務員



スポンサーサイト

お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。