スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分譲賃貸って何?普通の賃貸マンションとの違いとは

分譲賃貸マンションって普通の賃貸マンションと何が違うの?と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

今回は何が違うのかという事と分譲賃貸のメリット・デメリットを紹介していきます。


分譲賃貸とは?
普通の賃貸マンションは1棟全てを個人もしくは法人で所有しています。

101号室も102号室も103号室も全ての部屋を含めた物件自体を所有しているということです。

これが一般的な賃貸に多いパターンですね。
貸すための物件という感じです。


分譲賃貸の場合はその物件の各部屋ごとに所有者が違います。

101号室はAさん、102号室はBさん、103号室はCさんのような感じです。

そして賃貸として出ているのはBさん所有の102号室だけでAさん・Cさんは自分で住んでいるようなことがほとんどです。

Bさんは転勤などで102号室に住まなくなったから貸しているというようなパターンが多いです。
そのため全ての部屋が賃貸として借りられるというわけではありません。



分譲賃貸のメリット・デメリット

〈メリット〉
造りがしっかりしている
分譲マンションとはそもそも一生そこに住む目的で購入される方が多いため快適に過ごせるよう造りなどもしっかりしています。
エントランスや共用部分も豪華な造りになっているものが多いですね。
分譲マンションは鉄骨鉄筋コンクリート造というかなり強い造りが多く耐震性や遮音性、耐火性にも優れていることが多いです。

入居者のマナーが良い
長く住もうと思っている方が多いということはもちろんトラブルなども避けたいはずです。
そういったこともあってか入居者間トラブルなどはあまり聞きません。


セキュリティーがしっかりしている
ほとんどの物件でオートロックが付いています。
防犯カメラなどもしっかりと設置しているところがほとんどですね。
さらに日中は管理人がいるところも多いです。


〈デメリット〉
家賃が高いものが多い
造りなどもしっかりしている上に部屋のグレードが高いこともあり家賃は周りの賃貸物件より高いことが多いです。


規約が多い
部屋に対する規約とマンション全体の規約が両方あるためややこしい。
例えばマンションの規約ではペットの飼育が可であっても、借りた部屋の所有者がペットの飼育は禁止としている場合がある。
ちなみにこの場合はペットの飼育はできませんよ!


トラブルが起きた時がめんどくさい
例えば部屋で水漏れが起きたとすると原因は自分の部屋の中なのか上の階なのかそれとも共用部分なのかで話し合う相手が変わってきます。
違う部屋が原因の場合でも部屋ごとに所有者が違うので迅速に対応できないこともあります。


物件の所有者は素人のことが多い
もちろん一生住むつもりで買った人がまさか貸すことになるとは思っていないでしょう。
そのため部屋の中の物が壊れたりなどした時にもすぐに対応してもらえないこともあります。
物件所有者との間に管理会社などが入っている場合は問題ありませんが入居後の連絡先が個人の場合は要注意です。


定期借家契約が結構多い
簡単に説明すると契約期間が決まった契約のことです。
更新というものが存在しないため基本的にはその契約期間が満了すれば出ていく必要があります。


最後に
色々なメリット・デメリットがありますがそもそも分譲賃貸自体はそんなに数が多くはないのでもし良い物件を見つけたならどんなものか見てみるのもいいかもしれませんね。

自分が実際に購入するとなった時の参考にもなるかもしれませんよ!










スポンサーサイト

意外と知らない?物件の造りの重要性

皆さんは今自分が住んでいる建物がどういう造りかご存知でしょうか?

今回はそんな建物の造りの重要性にについて紹介していきます。

主な種類について

①W造=木造のこと

②S造=鉄骨造のこと

③RC造=鉄筋コンクリート造のこと

④SRC=鉄骨鉄筋コンクリート造のこと


それぞれの特徴について

木造
〈メリット〉

・調湿機能を備えている。
木材には空気中の湿度が高いと水分を吸収し、空気が乾燥してくると蓄えた水分を放出するという特性を持っています。

・通気性が良い
通気性が良いため結露が起こりにくい

・家賃が安い
そもそもの建築にかかる費用が安いため家賃設定なども低いものが多いです。


〈デメリット〉
・遮音性が低い
音とは空気を伝わるため通気性が良いということは音も通してしまうということです。
隣や上の階からの物音はある程度覚悟する必要があります。

・断熱性が低い
外気が入ってきやすいため夏場は暑く、冬場は寒くなります。

・耐火性が低い
火事などが起きた場合は延焼する可能性が高いです。
要するに自分が火事を起こさなくても他の部屋で起きた火事により被害にあう可能性も高いということです


鉄骨造について
〈メリット〉
・木造よりも強度が高い
柱が鉄骨で強固なので柱と柱の間が広くとれる。
そのため木造と比べ部屋が広いことも多い。

・木造よりも遮音性が高い
高いと言ってもそこまで大きな差はありません。

〈デメリット〉
・家賃が木造より少し高い
建築にかかる費用も高いため家賃設定が少し上がる。

・次で紹介する鉄筋コンクリート造と比べると遮音性や断熱性、耐火性、耐震性などが劣る。


鉄筋コンクリート造
〈メリット〉
・遮音性、耐火性、断熱性、耐震性が高い
木造などと比べると耐火性などは圧倒的に違います。
さらに物音なども大きな音を出したりしない限り隣人への配慮も少なくて済みます。
地震などにも強いため安心できる造りと言えるでしょう。


〈デメリット〉
・結露が起こりやすい
通気性が良くないため結露が起こりやすいです。
カビの発生の原因になったりしますので要注意です。

・家賃が高くなる
木造や鉄骨造と比べるとグンと高くなります。

鉄骨鉄筋コンクリート造
〈メリット〉
・造りがしっかりしてる
現状では最も強い造りと言ってもいいでしょう。
遮音性・断熱性・耐火性・耐震性どれを取っても問題なしです。


〈デメリット〉
・家賃が高い
やはり造りがしっかりしている分家賃も高くなります。

・普通の賃貸物件ではあまり見ない
鉄骨鉄筋コンクリート造は分譲賃貸マンションのようなものくらいしかない。
普通の賃貸物件ではあまり見ることがない造りです。



まとめ
物件の造りの違いについては分かっていただけたでしょうか?
簡単に造りが強い順番に並べるとこのようになります。

鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造>>鉄骨造木造

鉄筋コンクリートと鉄骨造の間に差があるようなイメージをしてもらえるといいかと思います。

また最も強い鉄骨鉄筋コンクリート造は普通の賃貸物件ではあまりないのでどうしてもという方は分譲賃貸を探すと早く見つけられるでしょう。
分譲賃貸とは?


追記
あくまで造りとは建物自体のものなので隣との壁が薄いかは現地の内覧時に確認することをオススメします。
たまに鉄筋コンクリート造りだが隣の部屋との間にはコンクリートが入っていないこともあるので要注意です。
壁をコンコンと叩いて明らかに固く、音があまりしないものは大丈夫ですが軽い感じの音がする時はそこにはコンクリートが入っていません。




オーダースーツ・シャツをネットで注文|高品質・サイズ保証【Suit ya】






お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。