スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぺット飼育可能な物件を探すコツ!

ペットが飼える物件を探しているが中々見つけられないという人も多いでしょう。

今回はペットが飼える物件を探すコツについて紹介していきます!


そもそもペットの定義は?

賃貸においてのペットの定義は一般的なものとは少し異なると考えるといいでしょう!
基本的にペットとは「」や「」を指しているものがほとんどです。

そのため「ペット相談可」・「ペット飼育可」ではない物件であっても「ハムスター」や「小鳥」のような小動物であれば問題なく飼える場合もあります

近隣に迷惑をかけず、部屋を汚したり傷つけたりしないペットであれば1度不動産屋さんに相談してみると意外と簡単に解決するかもしれませんよ!


ペット飼育可能な物件を探すコツ

さて、ここからが本題です!
そもそもペットが飼える物件自体が少ない中で理想の物件を探すのはかなり難しいです。

まず第一に言えることは理想通りの物件に住むことはできないという前提で探しましょう。
もし、探している中で100%理想に一致した物件に出会えたら超ラッキーだと思ってください!

理想通りの完璧な物件なんていうのはペットを飼わない人でも中々見つけられるものではありません。


それではここからペット飼育可能な物件を探すコツを書いていきます。

探している範囲を広めで探してみる
もし、駅近で探している人がいるなら駅から少し離れたところで探すだけでも物件数は増えるでしょう。

そもそも駅の近くにはペットが飼える物件が少ないので駅近で探すのはオススメしません。

敷金が多少高いのは諦める
ペットを飼う場合は敷金が「家賃の2ヶ月分」になったりするので初期費用が高くなる傾向にあります。

ですがもし敷金がない物件で探そうとするとほとんどの物件が難しいでしょう。
何より敷金は退去した際には家賃の滞納や設備を破損させていたりしない限りは基本的に返ってきます。
※最初の契約時に敷金からいくら引きますと書かれている場合はその金額分は返ってこないので気を付けてください。

築年数のこだわりはなくす
違う記事にも書いていますが築5年以内の物件で探す場合は全体の1%ほどしかありません。
築年数を気にされる人の多くは「築浅だと綺麗」というくらいの理由がほとんどを占めていました。

実際に築浅であれば綺麗な物件が多いというのも事実です。
ですが築年数が経っているから「汚い」・「ボロボロ」というのは間違っています!

大家さんも住んでもらわないと困るので、一般的には改装したりして綺麗に保つよう努力しています。

このように築年数が経っていても綺麗な物件があるにも関わらず、「築浅が良い!」という一言でそれらの物件を対象外としてしまうのはかなり勿体無いと言えるでしょう!


まとめ

いかがでしたでしょうか?

ペットが飼える物件を探すには多少の妥協は必要になってきてしまいます!

もちろん「ペットが飼える」というのは第1条件ですが、「広さ」を重視するので多少は「家賃」が高くてもしょうがないといったように明確な優先順位を決めましょう!

そうすることで自分自身でも探しやすいですし、不動産屋の立場としても探しやすくなります。

↓【ペットが飼える物件を探すならこちらから】



関連記事〉■ ペット飼育可能な物件は少ない?











スポンサーサイト

保証人が不要⁉︎ UR賃貸とは?

最近テレビCMなどでもよく目にするUR賃貸住宅とは普通の賃貸と何が違うのか?

そしてUR賃貸住宅のメリット・デメリットについても紹介していきます。

UR賃貸住宅とは独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)が管理する賃貸住宅のことです。
※URは都市再生機構(Urban Renaissance Agency)の略。


UR賃貸住宅のメリットとは?

費用が抑えられる
礼金や更新料に加えて仲介手数料も不要ということもあり他の賃貸物件と比べてもお得です。
最初にかかる費用は日割り家賃、共益費、敷金(家賃2ヶ月分)くらいです!


原状回復の負担区分が明確である
入居時にUR側と負担区分を明確にするため退去時トラブルになることが少ないようです。
敷金を上回る請求なんて話は全然聞かないので敷金の返金率はかなり高いようです。
普通の賃貸物件ではネットなどでもよくトラブルの事例が載っています。


建物の造りがしっかりしている
普通の賃貸物件の場合は木造や鉄骨造の物件も数多くあります。
ですがURの物件の場合は鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造が多いため耐震の面でも安心できます。


保証人不要
お部屋探しをする時に困った方も多いのではないでしょうか?
保証人をお願いするのは気が引ける、お願いできそうな人がいないなど理由は様々でしょう。
ですがURの場合は保証人不要で契約することができます!



UR賃貸住宅のデメリットとは?

審査の基準がやや厳しい
・平均収入額が(家賃の4倍。家賃が一定の金額を超える物件についてはURが定めた固定額)以上であること又は貯蓄が借りたい物件の月家賃の100倍以上あることなどがあります。
もしくは1年分の家賃を前払いすることで入居できるような制度も用意されているようです。


物件によっては入居者層が良くない
保証人が不要やお金さえあれば入居できるということもあり物件によっては入居者層が悪いこともあります。


内覧が1回しかできない
普通の賃貸物件であれば仲介業者にお願いすれば何度でも部屋を見に行くことができますがURは基本的に1回だけです。



よくある質問

Q,その辺の不動産屋さんでURの物件は紹介してもらえないの?
A,大体どこでも紹介してもらえます。ただし本来不要な仲介手数料などを請求してくるような業者もいるので気をつけて下さい。


Q,単身者用の物件はあるの?
A,もちろん単身者用の物件もあります。


Q,ネットを見ると抽選で入居者を決めるというものを見かけるが本当なの?
A,基本的には先着順となっています。(新築物件などでは抽選もあるようです)


Q,普通の賃貸物件と比べて安いの?
A.全てがというわけではないですが相場より安めの物件は多いです。


最後に
意外と知らないことも多かったのではないでしょうか?
メリット・デメリットを比べても費用面のメリットはかなり大きいように感じますね。

礼金や更新料、仲介手数料不要など特優賃(とくゆうちん)と似ていますが単身物件もあるのがURの魅力です。
お部屋探しの際はURの賃貸物件も視野に入れてみると幅も広がるのでオススメですよ!

UR賃貸住宅の公式ホームページ→こちら








ブログアフィリエイト

不動産屋に嫌がられない条件交渉のコツ!

お部屋探しでもうちょっと家賃が安かったらな〜と思ったことがある方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな時に役立つ条件交渉のコツを紹介していきます。

条件交渉とはお部屋探しの時に家賃など下げてもらったりするものです。

この条件交渉が上手にできると少しでも安くお部屋を契約できるので覚えておいて損はありませんね。

条件交渉といえば家賃を下げるだけしかないと思っている方も多いのではないでしょうか?

実は家賃だけでなく敷金・礼金、更新料、入居時期など他にも交渉できるものはたくさんあるんです。

まずは交渉をする時の仕組みについて理解しておきましょう。

みなさんがお部屋を探しに行く不動産屋は仲介業者と呼ばれるものです。
仲介業者はみなさんと物件の所有者の間に入っているだけだと覚えておきましょう。

要するに家賃を下げたりする決定権は目の前の営業マンにはないということです。
条件交渉は営業マンから物件の所有者に行うものだということです。

なんとなく仕組みについては分かっていただけましたか?


ここで疑問に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それじゃあ営業マンの腕次第じゃないの?条件交渉のコツとかは別にないんじゃないの?
もちろんできる営業マンであればお願いすればパッと下げてくれるかもしれません。
ですが営業マンも1人の人間です。

この物件もあの物件も下がるか聞いてくれとなったらやはり面倒くさいと思われてしまいます。

ここで1つ目のコツです!
条件交渉する物件は1つに絞ってからお願いする
条件交渉はすんなり下げますよとなることばかりではありません。

営業マンが粘って条件を下げてもらえることも多くあります。
ですがそこで物件もあの物件も下がるか聞いてくれとお願いしていると粘っても意味ないんじゃないのかと思われてしまいます。
要するに条件を下げても部屋を契約してくれないなら粘る意味がないと思われてしまうということです。
そうなると本来、粘れば下げてもらえた良い物件を見逃すことになるかもしれません。

理想を言うなら何件お願いしても粘って交渉してくれる営業マンがいればいいのですがそんな営業マンに当たる確率はほんの少ししかないでしょう。


ここで2つ目のコツです!
営業マンに条件交渉をするメリットを与える

1番良い方法としてはいくら下がればこの物件で契約しますと言うことです。
そうすれば交渉をする時もしっかり粘ってくれる確率が高い上に所有者に対して条件を下げたことによるメリットを明確に伝えることができます。

1つ目のコツとして紹介した物件を1つに絞るというのはこの方法を使うためでもあります。

そしてこの方法を使った場合の良いところは条件が希望通りに下がらなかった時にじゃあ違う物件も考えようかなと切り替えやすいことです。
この方法だと営業マンは契約する気はあるんだろうと考えるので違う物件で交渉になった場合もしっかりやってくれます。

もちろん条件通りに下がったなら契約してあげるべきだと思います。

下がったけどやっぱりもう少し違う物件も見たいならそこの業者を利用するのは避けた方がいいかもしれません。
1度約束を破ってしまうとそういう人だと思われ今後の物件を探すことに対して非協力的になる可能性があります。



最後に
こんな簡単なことをするだけで費用が抑えられるならやってみてもいいのではないでしょうか?
言い方は悪くなりますが条件交渉を成功させるには担当している営業マンをうまく使うことが大切です。

ちなみに同じ物件に対していろんな業者から交渉を入れることは避けた方がいいので気をつけてください!

他にも初期費用を抑える方法という記事もあるのでとにかく安くしたいという方は参考に見てください!





運用実績20年で安心!アンケートやお申込みで換金可能なポイントを貯める。そんなライフメディアに無料登録!



ブログアフィリエイト

【必見!】初期費用を安くする方法

お部屋を探しに行くと思っていたよりも費用がかかると思ったことがある方は多いのではないでしょうか?

今回はお部屋を契約する際に初めにかかってくる費用をなるべく安くする方法を紹介していきます。

引っ越しとなればお部屋の契約以外にも色々と家具を買ったりなどでお金が必要になってきますよね。

なるべく初期費用を抑えて引っ越しできればと誰もが考えると思います。

実は簡単に初期費用を抑えられる方法があるんです!

もちろん100%という訳ではありませんがこれから紹介するもののどれかは成功するでしょう!

条件交渉をしてみる。

これは基本的なところですが家賃や敷金・礼金その他のオプションなどを減額もしくはなくしてもらうことで費用を抑えられます。
こちらの記事を参考にどうぞ→条件交渉のコツ

最初に行った業者で出してもらった見積もりを持って違う業者に行く。
これは結構成功率は高いですね。

業者の見積もりにはオプションとして本来不要なものを当たり前かのように入れることが多々あります。

このオプション商品などは業者の売上の重要な部分が多いです。

そのため必ずかかってくる費用ですと説明を受けることが多いですがそうとは限りません。

違う業者に持って行くとうちの店ではこの商品は不要なので安く契約できますよとなることも多いです。

オプション商品として多いものはトラブルサポートや除菌・抗菌(消毒)みたいなものです。

物件によっては加入することが入居のための必須条件になっていることもあります。

2つの業者に行けば必須かどうかは分かると思いますので安くしたい方は2つ以上の業者に行ってみると良いですよ。

キャッシュバックシステムがあるサイトを活用する

これは安くするとは違いますが最終的に手元に残るお金のことを考えると使ってみても良いですね。







上のようなサイトではキャッシュバックが行われています。

問い合わせをした物件で契約し、さらに問い合わせを入れた業者で契約しないといけないなど条件はあります。

他にもキャッシュバックには手順がありますのでご利用される場合は問い合わせを入れる前にしっかりと確認しましょう!

火災保険の選定
基本的に火災保険に入ることは必須と言っていいでしょう。

この火災保険に関しては何も言わなければ大体指定された火災保険に入ることになってしまいます。

安いものなどもありますが大体は自分で探した方が安いものが見つかります。

大学生の方などは大学生協の火災保険があるのでそこで加入すれば大丈夫な場合もあります。

自分で選んだ火災保険に入った場合は加入したという証明を提出する必要があるので少し手間なのがデメリットです。

もちろん指定した火災保険に入るように言われることもありますのでご注意ください。

最後に
いかがでしたでしょうか?
少しだけ安くする程度であればそれなりの知識を持っていると意外と簡単にできます。
お部屋探しの際は一度試してみてください!








ブログアフィリエイト

意外と見落としている⁉︎お部屋探しで気をつけるポイント3選

今回はお部屋探しで気をつけるべきポイントを紹介していきます。

お部屋を探す場合は仲介業者へ行く方がほとんどだと思います。

そこで物件の資料をもらった時どこを見ていますか?

多くの方は家賃や間取りを見ると思います。

もちろん重要なところなのでそこを見るのは間違っていません。

ですが他にも見るべきところがたくさんあります!

見るべきポイントをリストアップしていきます。

初期費用はいくらかかるのか?(鍵を受け取るまでに支払わなければならない金額)

いわゆる敷金・礼金などが代表例ですね。

ですが物件の資料には全て記載されていないことが意外と多くあります。

いざ申込みをしますとなった時にあれもこれも必要ですとなって考えていた金額を超えてしまうこともあります。

そんなに高いならわざわざこの物件の内覧に行かなかったのにと思ってしまいますよね。

何より時間が勿体無いです。

なので物件を見にいく前にかかる費用はここに載っている分だけですか?と聞くことをオススメします。

最初に聞くことで引っ越しに大体どれくらいかかるのかというのも分かるので自分の考えている条件を見直す必要があるかの判断材料にもなります。


インターネットについて

基本的にはどの物件でも使うことができるのでインターネット利用に関しては問題ないでしょう。

ですが利用はできても利用料がかかるかどうかも大きなポイントです。

最近ではインターネット無料物件というものが多くなってきています。

これは少しでも月々の費用を抑えたいという方には大事なところです。

安いプランのものを使えばそこまで費用に大きな差はでないでしょうがそれでも無料の方が嬉しいですよね。

ここで1つ注意点があります!

インターネット無料の物件の場合は速度がかなり遅いものがあります。

もちろんしっかりとしたものが入っている場合もありますが速度の確認はしっかりした方がいいです!

実際使って見るとなかなかページが読み込まれずにイライラするなんてことになるかもしれません。

インターネットの利用がかなり多いという方はご自身で契約される方がいいでしょう。

契約年数と更新料の有無

ここがかなり見落とされがちなところです!

京都では契約年数に関しては2年などで設定されているものがほとんどですがたまに1年契約というものもあります。

ここもしっかり見ておいた方がいいでしょう。

そして最も厄介なのが更新料ですね。

多くの方は初期費用と月々かかる費用を聞いて満足してしまいます。

もちろん1年も住まないというような場合は更新料がかかるようなことはないでしょう。

ですが大学生などは最低でも4年間、社会人の方などはどれくらい住むかもわからないですよね?

ここで簡単な例を使って説明していきます

A:家賃   4万9千円
 初期費用 20万円
 契約年数 2年
 更新料  5万円
 
 初期費用+2年間の費用(家賃×24ヶ月)+更新料=142万6千円

B:家賃   5万円
 初期費用 22万円
 契約年数 2年
 更新料  なし

 初期費用+2年間の費用(家賃×24ヶ月)=142万円

AとBを比較してみましょう

Aの方がBよりも家賃が1000円安い上に初期費用も2万円安いですね。
ただ更新料が5万円ということでBよりも高くなっています。

2年間住んで更新をするタイミングの費用も比べてみると
Aが142万円6千円でBが142万円という結果になりました。

更新料を含めて考えると家賃も初期費用も安いAが2年後にはBよりも多くのお金を支払っていることになります。

Bの物件の方が気に入っていたが家賃が安いしAにしたとすると2年後には損をしていることになります。

気に入った物件を諦めたのにさらに損をするなんてことをなくすために更新料のチェックは忘れずにしましょう!

補足としてですが更新の際に更新料とは別に更新事務手数料など様々な更新費用がかかることもあります。

そういったものも忘れずに計算する必要があるのでご注意ください。








ブログアフィリエイト

お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。