スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃貸におけるポータルサイトとは? 仕組みはどうなってる?

有名なポータルサイトには「Google」や「Yahoo!JAPAN」などがあります。

そもそもポータルサイトとは皆さんがインターネットを利用する際に最初にアクセスする入口の役割を果たすもののことです!

では賃貸における「ポータルサイト」にはどういうものがあるのでしょうか?


賃貸におけるポータルサイト

今回は賃貸での「ポータルサイト」と呼ばれるものを代表的な物に絞って紹介します!

CMなどでもよく見かける人気ナンバーワンのポータルサイトです!
物件掲載数も多く、お部屋探しをしている方の多くはこのサイトを利用しています。


「SUUMO」と同じく物件掲載数が多い人気の高いサイトです。
以前は「HOME'S」という名前でしたが「LIFULL HOME'S」へ変更しました。


上記の2つのサイトは「人気」•「サイトの操作性」•「情報量」などはかなり優れていると言えるでしょう。

たくさんある物件の中から探したいという方はどちらかのサイトを使うことをオススメします。


その他にも上の2つほどの「人気」や「情報量」はありませんが大手のサイトや特徴があるものを紹介します!
この2つはCMなどもしており比較的知名度も高いですが、人気や情報量などでは少し「SUUMO」などには劣っています。

名前の通り入居が決定するとキャッシュバックがあります。
※受け取るための条件等もあるのでこちらでご確認ください。

シンプルな作りで見やすいのが特徴的


このように「ポータルサイト」自体はたくさんあり、地域に特化したタイプのものも見かけます。

他にも多くのポータルサイトは存在しますが、ポータルサイトによって掲載されている物件が全く違うというわけではありません。

そのあたりの仕組みについても説明していきます!


賃貸ポータルサイトの仕組み

賃貸のポータルサイトの仕組みは多くの不動産屋が物件の広告を出すことで成り立っています。

例えば、「SUUMO」に物件A、物件B、物件Cの3件を不動産屋Dが広告し、さらに「LIFULL HOME'S」にも同じように物件A、物件B、物件Cを広告することもできます。

しかも不動産屋Eが不動産屋Dと同じ物件を広告に出すこともできるんです!

図で表すとこんな感じです。
ポータルサイト 見本 

このように大手のポータルサイトには多くの不動産屋がたくさんの広告を出します。
そのため同じ物件が掲載されているということもよくあります!

物件を探していて「あれ?さっきもこの物件見たような?」と思うのは当然ということです。

特に集客力の高い大手のポータルサイトであればたくさんの不動産屋が広告するため同じ物件が掲載される頻度も高くなります。


ここでもう一つ、以前に質問というかご意見があったので説明しておきましょう!


Q:上で紹介しているような大手のポータルサイトを使い、3件を不動産屋に問い合わせをしました。
ですが全部埋まっていると言われました。
大手のポータルサイトだからと言って信用できるわけではないんですね。



こんな感じの内容のことを言っておられる方がいらっしゃいました。
ここまで読んで下さっている方であればなんとなく説明できるのではないでしょうか?

一応こちらでも詳しく説明していきます!



A:そもそもポータルサイトには数多くの不動産屋が掲載しています。
その全ての不動産屋が真面目に誠実に仕事をしているか?と言われれば答えは「NO!」です。
実際は埋まっているのに掲載し続ける不動産屋も少なからず存在します。

そして大手のポータルサイトほど広告を掲載している不動産屋が多くなり、ちゃんと仕事をしない不動産屋の数も必然的に多くなります。

そのため大手のポータルサイトが信用できないというわけではなく、問い合わせ先として掲載されている不動産屋が信用できないというのが正しいと言えるでしょう!

大手のポータルサイト側としても膨大な量があり、全ての物件情報が正しいかというのは判断できません。

もし嘘の情報やいわゆる「おとり広告」と呼ばれるものを自分が発見した場合は「通報」という機能があるので、その機能を使いポータルサイト側に教えてあげるといいでしょう!

そうすれば通報を受けたポータルサイト側は情報の真偽を確かめ、「おとり広告」のようなことをしていると判断した場合には掲載していた業者に対して掲載禁止などの対処を取ってくれます。

掲載禁止は不動産屋にとってはかなりの損失を生むため相当な痛手となるでしょう。


賃貸ポータルサイトの収益源は?

賃貸ポータルサイトの収益源としては主に物件を掲載する不動産会社からのものです。

基本的には3つの形態に分かれます。

掲載制
これは物件の掲載数に応じて不動産会社から支払われるものです。
要するに広告枠を販売しているということですね。
「SUUMO」や「at home(アットホーム)」など

反響制
これは不動産屋に問い合わせが入った段階で支払われるものです。
掲載件数が関係ないのが特徴的です。
現在はこの形態を使うポータルサイトが増えてきていると言われています。
「LIFULL HOME'S」など

成約制
これは成約された時のみ支払われるものです。
ポータルサイト側が問い合わせからの成約状況を把握したい場合に使っていることが多いです。
「キャッシュバック賃貸」など


主にこの3つの内のどれかが収益源となっています。


最後に

ポータルサイトの仕組みについては分かっていただけたでしょうか?
最近では「デザイナーズマンション」に特化したものなどもあり多くの賃貸ポータルサイトがあります。

ただ現状ではやはり「SUUMO」と「LIFULL HOME'S」の2強ではないかと思います!
部屋探しにおいて情報量が多いというのは最大の武器です。

ただしデメリットとしても、多すぎる情報量のため間違った情報も掲載されてしまうという点が挙げられるでしょう。

ですが「間違った情報」かどうかは問い合わせするまで分かりません。
その点に関してはどのポータルサイトでも同じです。
大手でないポータルサイトだからと言って間違った情報がないわけではありません。


問い合わせするまで分からないのであればやはり情報量の多いところで探すのが得策と言えるでしょう!


今回紹介したポータルサイト一覧



関連記事



スポンサーサイト

今さら聞けない賃貸の仕組み

皆さんは賃貸の仕組みについてご存知でしょうか?

意外と知らない方も多いと思います。
実際に私自身も働くまで全然理解していなかったことに気づかされました!

今回は賃貸の仕組みや基礎について説明していきたいと思います。


賃貸の仕組み
まずは賃貸の仕組みについて簡単に説明します。

A:所有者(オーナーとも呼ばれる物件を持っている方です)

B:仲介業者(いわゆる不動産屋というものですね)

C:入居希望者(お部屋を探している方です)


上記のA(所有者)とC(入居希望者)を繋げるのがB(仲介業者)ということです。
これは分かっているという方は多いかもしれませんが実はまだあるんです!

AとBの間に管理会社(仮にDとします)というものが入ることが結構多いんです。

少し丁寧に説明するとこんな感じになります。

①A(所有者)がD(管理会社)に物件自体の管理や空室の管理なども任せます。

②管理を任されたD(管理会社)は空いている部屋を埋めないといけないのでB(仲介業者)に募集を依頼します。

③募集を依頼されたB(仲介業者)はC(入居希望者)に部屋を紹介するという流れです。


簡単に書くとA→D→B→Cという形で皆様の元に物件が紹介されているわけです。

もちろんDがなくA→B→Cのパターンもあります。


管理会社が入ると何が変わるの?
何が違うのかというと物件に住んでからの連絡先が変わります。

入居後何かトラブルがあれば所有者に連絡はせずに管理会社へ連絡すればいいわけです。
管理会社が入っていない場合は所有者に直接連絡をすることになります。

他には個人の所有者の方だとすぐに対応できないことも管理会社が入っているとすぐに対応してもらえることが多いです。

そういった点ではかなり安心できるものだと言えるでしょう。

最後に
やはり入居後の対応が会社だと安心できるという方も多いのではないでしょうか?
お部屋探しの際は管理会社が入っているのかどうかなども確認するようにするといいでしょう。




最大60%OFF生活雑貨&インテリア【Homezakka】

お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。