スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃貸におけるポータルサイトとは? 仕組みはどうなってる?

有名なポータルサイトには「Google」や「Yahoo!JAPAN」などがあります。

そもそもポータルサイトとは皆さんがインターネットを利用する際に最初にアクセスする入口の役割を果たすもののことです!

では賃貸における「ポータルサイト」にはどういうものがあるのでしょうか?


賃貸におけるポータルサイト

今回は賃貸での「ポータルサイト」と呼ばれるものを代表的な物に絞って紹介します!

CMなどでもよく見かける人気ナンバーワンのポータルサイトです!
物件掲載数も多く、お部屋探しをしている方の多くはこのサイトを利用しています。


「SUUMO」と同じく物件掲載数が多い人気の高いサイトです。
以前は「HOME'S」という名前でしたが「LIFULL HOME'S」へ変更しました。


上記の2つのサイトは「人気」•「サイトの操作性」•「情報量」などはかなり優れていると言えるでしょう。

たくさんある物件の中から探したいという方はどちらかのサイトを使うことをオススメします。


その他にも上の2つほどの「人気」や「情報量」はありませんが大手のサイトや特徴があるものを紹介します!
この2つはCMなどもしており比較的知名度も高いですが、人気や情報量などでは少し「SUUMO」などには劣っています。

名前の通り入居が決定するとキャッシュバックがあります。
※受け取るための条件等もあるのでこちらでご確認ください。

シンプルな作りで見やすいのが特徴的


このように「ポータルサイト」自体はたくさんあり、地域に特化したタイプのものも見かけます。

他にも多くのポータルサイトは存在しますが、ポータルサイトによって掲載されている物件が全く違うというわけではありません。

そのあたりの仕組みについても説明していきます!


賃貸ポータルサイトの仕組み

賃貸のポータルサイトの仕組みは多くの不動産屋が物件の広告を出すことで成り立っています。

例えば、「SUUMO」に物件A、物件B、物件Cの3件を不動産屋Dが広告し、さらに「LIFULL HOME'S」にも同じように物件A、物件B、物件Cを広告することもできます。

しかも不動産屋Eが不動産屋Dと同じ物件を広告に出すこともできるんです!

図で表すとこんな感じです。
ポータルサイト 見本 

このように大手のポータルサイトには多くの不動産屋がたくさんの広告を出します。
そのため同じ物件が掲載されているということもよくあります!

物件を探していて「あれ?さっきもこの物件見たような?」と思うのは当然ということです。

特に集客力の高い大手のポータルサイトであればたくさんの不動産屋が広告するため同じ物件が掲載される頻度も高くなります。


ここでもう一つ、以前に質問というかご意見があったので説明しておきましょう!


Q:上で紹介しているような大手のポータルサイトを使い、3件を不動産屋に問い合わせをしました。
ですが全部埋まっていると言われました。
大手のポータルサイトだからと言って信用できるわけではないんですね。



こんな感じの内容のことを言っておられる方がいらっしゃいました。
ここまで読んで下さっている方であればなんとなく説明できるのではないでしょうか?

一応こちらでも詳しく説明していきます!



A:そもそもポータルサイトには数多くの不動産屋が掲載しています。
その全ての不動産屋が真面目に誠実に仕事をしているか?と言われれば答えは「NO!」です。
実際は埋まっているのに掲載し続ける不動産屋も少なからず存在します。

そして大手のポータルサイトほど広告を掲載している不動産屋が多くなり、ちゃんと仕事をしない不動産屋の数も必然的に多くなります。

そのため大手のポータルサイトが信用できないというわけではなく、問い合わせ先として掲載されている不動産屋が信用できないというのが正しいと言えるでしょう!

大手のポータルサイト側としても膨大な量があり、全ての物件情報が正しいかというのは判断できません。

もし嘘の情報やいわゆる「おとり広告」と呼ばれるものを自分が発見した場合は「通報」という機能があるので、その機能を使いポータルサイト側に教えてあげるといいでしょう!

そうすれば通報を受けたポータルサイト側は情報の真偽を確かめ、「おとり広告」のようなことをしていると判断した場合には掲載していた業者に対して掲載禁止などの対処を取ってくれます。

掲載禁止は不動産屋にとってはかなりの損失を生むため相当な痛手となるでしょう。


賃貸ポータルサイトの収益源は?

賃貸ポータルサイトの収益源としては主に物件を掲載する不動産会社からのものです。

基本的には3つの形態に分かれます。

掲載制
これは物件の掲載数に応じて不動産会社から支払われるものです。
要するに広告枠を販売しているということですね。
「SUUMO」や「at home(アットホーム)」など

反響制
これは不動産屋に問い合わせが入った段階で支払われるものです。
掲載件数が関係ないのが特徴的です。
現在はこの形態を使うポータルサイトが増えてきていると言われています。
「LIFULL HOME'S」など

成約制
これは成約された時のみ支払われるものです。
ポータルサイト側が問い合わせからの成約状況を把握したい場合に使っていることが多いです。
「キャッシュバック賃貸」など


主にこの3つの内のどれかが収益源となっています。


最後に

ポータルサイトの仕組みについては分かっていただけたでしょうか?
最近では「デザイナーズマンション」に特化したものなどもあり多くの賃貸ポータルサイトがあります。

ただ現状ではやはり「SUUMO」と「LIFULL HOME'S」の2強ではないかと思います!
部屋探しにおいて情報量が多いというのは最大の武器です。

ただしデメリットとしても、多すぎる情報量のため間違った情報も掲載されてしまうという点が挙げられるでしょう。

ですが「間違った情報」かどうかは問い合わせするまで分かりません。
その点に関してはどのポータルサイトでも同じです。
大手でないポータルサイトだからと言って間違った情報がないわけではありません。


問い合わせするまで分からないのであればやはり情報量の多いところで探すのが得策と言えるでしょう!


今回紹介したポータルサイト一覧



関連記事



スポンサーサイト

テラスハウスってどんな物件⁇ メリットやデメリットは⁇


皆さんは「テラスハウス」と聞くとどんな建物を想像しますか?

共同で生活できるシェアハウスのようなものを想像したという人も少なくないでしょう。
これは人気番組の影響が大きいのではないかと思います。


では実際に「テラスハウス」とはどういう建物なのか説明していきます!


テラスハウスとは

簡単にいうと一戸建ての住宅が繋がっているというのを想像すればいいでしょう。
少し昔の言い方をするなら2階建てや3階建ての長屋(ながや)のことです。

テラスハウス 洋風 

この写真のようにお隣の家と壁がくっついているんです。

この写真では6棟の家が隣接していますが2棟や3棟しか隣接していないタイプの「テラスハウス」も存在します。



テラスハウスのメリット・デメリットとは?

メリット
駐車スペースがあることも多い
一般的なマンションなどでは敷地内に駐車スペースがないことも多いですがテラスハウスの場合は玄関を出てすぐに駐車スペースがあることが多いです。
そのため通勤やお出かけの時も遠くの駐車場まで行く時間が省略できます。

上下階への騒音の配慮は必要ない
テラスハウスは構造上一戸建ての住宅とほぼ変わらず、上の階も下の階も自分達のものなので下の階に住んでる人に気を遣う必要がありません。

■一戸建ての賃貸物件と比べると家賃が安い
テラスハウスは一戸建てと比べると建築の際のコストが安いことや敷地を効率よく使っているため、一戸建ての賃貸物件よりも安く借りることができます。

専用の庭がある
基本的には専用の庭があり、そこでガーデニングを楽しむこともできます!
ある程度の広さがある場合はそこを駐車スペースとして利用することもできます。

ですが、庭と言っても広さは様々で「この狭さで庭と呼ぶのか⁉︎」と疑問に思うレベルのものもありますのでご注意ください。



デメリット
壁が隣とつながっている
テラスハウスのデメリットとしてはやはりこれが1番でしょう!

テラスハウスは木造の物件が多く、音に関しては何か対策をとっていない場合は隣に響きやすい環境と言えます。
上下階への配慮は不要ですが、やはりお隣への配慮はしっかりする必要があるでしょう。


どういう造りの建物が構造上強いのか気になる方は参考にどうぞ。

窓が少ない
これも壁がつながっているために生まれるデメリットです。
少なくとも片側は建物が隣接しているため窓をつけることができません。

そのためお昼間でも部屋が暗く感じるという人も多いでしょう。
もし3棟以上つながっている場合は真ん中の建物は両サイドが塞がれるためさらに暗く感じます。

物件数が少ない
実際にいざ探そうと思っても意外と見つかりません。
古いボロボロの物件などは出てきますが、綺麗な築浅物件となると相当根気強く探す必要があります。



テラスハウスはどうやって探せばいい?

そもそもテラスハウスはネットで探すのは意外と面倒です。

なぜかというと、大手の賃貸情報検索サイトでも「テラスハウス」という検索項目がないところが多いです。

ざっと大手のサイトを見てみましたがしっかりとテラスハウスという項目があるのは1つだけでした。

時間をかけずにテラスハウスを探したい人は下の「キャッシュバック賃貸」をクリックして探して見てください。

実際にこのサイトで「テラスハウス」で検索してみたところ大体はテラスハウスの物件が出てきました。
いくつかは普通の一戸建ての物件が出ていましたが情報はしっかりしているサイトです。



ちなみに時間をかけてでもいいからたくさんの物件の中から探したいというはこっちの検索サイトを使ってみてください。

物件掲載数は国内で最大級のサイトです。
ちなみにこのサイトには「テラスハウス」の検索項目がないため簡単に手順を説明しておきます。

①まずはお探しの地域を選択してください

②次に「建物の種類」の中にある「一戸建て・その他」と書いてあるところにチェックを入れましょう

③最後に「さらに条件を追加する」と書いてあるところをクリックし、「室内設備」の中にある「メゾネット」にチェックを入れて検索しましょう。

ちなみにこの検索方法の場合だと「テラスハウス」以外の物件も出てくるのでその中から自力で見つけ出すことになります。

その他の方法としては「フリーワード検索」でテラスハウスと検索するとほぼ全部がテラスハウスの物件でした。

ただし、この検索方法で出てきた物件以外にもテラスハウスの物件はたくさんあったことから全てのテラスハウスの物件を探し出せている訳ではありません。


※ちなみにポータルサイト(上で紹介しているようなサイト)の性質上間違った情報が載ってしまっていることもあります。
例)テラスハウスで検索しているが普通のマンションが検索結果に出てくる。

これはどのサイトでも起こってしまうので多めに見てあげてください!


まとめ

テラスハウスがどういうものか分かって頂けたでしょうか?
「テラスハウス」=「シェアハウス」ではないんですね。
テレビの影響でそのように思ってしまう人が多いのは仕方ないですよね。

テラスハウスの難点はやはりお隣さんと壁がくっついていることなので、実際にお部屋を見に行く時にはくっついている壁の向こう側には何があるのかなども不動産屋に確認してみるといいでしょう!
実際に壁を軽くコンコンとして軽い音の場合は壁が薄い可能性が高いので要注意です。

ちなみにテラスハウスは新婚さんや車持ちの方(駐車スペースがない場合もあるので気を付けてください)にはオススメの物件です!
お隣との壁がしっかりしているのであればお子様がいるご家庭でも十分満足できるでしょう。


補足

不動産業者のHPでの検索システムで「テラスハウス」があるものを見つけたのでリンクを貼り付けておきます。
知らない人はほとんどいないと思いますが「アパマンショップ」のHPです。
こちらの検索システムでは「テラスハウス」の項目があったので参考までにどうぞ!



関連記事



上手な物件検索の方法とは?

はじめに
インターネットで物件を探すときは「SUUMO」や「LIFULL HOME'S」などのポータルサイトというものやアパマンショップのような仲介業者のホームページで検索する方がほとんどだと思います。

大手ポータルサイト
SUUMO 関西
LIFULL HOME'S

仲介業者のホームページ
全国賃貸情報 アパマンショップ



まずはポータルサイトと仲介業者のホームページで探すのではどちらがいいのかというところを説明していきます。

そもそもポータルサイトとは各業者がお金を払って掲載しているものです。

大きい会社になれば扱っている物件はほぼ全てポータルサイトに掲載しています。

たまに物件の所有者側からポータルサイトへの掲載はやめてほしいということもあるのでそういう物件は載っていません。

掲載ができない物件があるとは言ってもほんの少ししかないため各業者が集まって掲載しているポータルサイトの物件数は圧倒的と言えるでしょう。

賃貸にはその業者しか扱えない専任物件というものも存在しますがそういう物件ほどポータルサイトにはしっかり掲載されています。

要するにポータルサイトを見ておけば各業者の専任物件もまとめて見ることができるというわけです。


逆に会社のホームページで検索をするときは自社の物件を強くオススメしていたりすることもあります。

もちろんいい点もあり、物件に対する細かい説明などが載っていることも多いです。

ポータルサイトには基本的な情報しか記載されないため詳細を知りたい方は仲介業者のホームページを見てみるといいかもしれないですね。


ポータルサイトのいいところ
物件数が圧倒的に多い

仲介業者のホームページのいいところ
物件の詳細を知ることができる


簡単にいうとこんな感じです!

まず初めはどんな物件があるか知るためにポータルサイトを使うのが無難です。

ポータルサイトから仲介業者に問い合わせもできるのでそこから問い合わせをすれば仲介業者のホームページには飛ばなくても大丈夫です。

ただし自社のホームページからの問い合わせは仲介業者としても契約できる可能性が高いお客さんという認識です。

そのため対応などがポータルサイトからするよりも丁寧なものになることはあります。


それぞれに良いところはありますが検索するという意味ではポータルサイトがいいでしょう!

まあこれは物件検索に入る前の知識というところになるので本題はここからです!


物件検索でやりがちなダメなこと

1回目の検索から理想の高過ぎる条件の入力は避ける
家賃は安くてお風呂とトイレが別、2階以上、オートロック付き、築浅などなど最初からたくさんの条件をつけて検索をしてしまうとなかなかお部屋を決められなくなってしまいます。

実際にその物件を見て気に入らなかったとしても上で言った条件で数件ヒットしたんだし探せば他にもあるんじゃない?と思ってしまう方が意外と多くいらっしゃいます。

そもそもその考え方が正しいとは言えません。

かなりの数がある物件の中から数件しかヒットしないような条件なんです!

それ以上探したところで同じような条件の物件に出会える確率はほんのわずかです。

ですが心理的な問題で指定した条件で物件があるのに妥協するのは嫌だなとなってしまい決断できない方もいらっしゃいます。

そのため物件を検索するときは最低限これは必須だなと思う事項だけチェックして検索をするようにしましょう。

もしそれで多くの物件が出てきたならそこから条件を足していけばいいんです!



色んなサイトで物件検索してみる
すでに紹介したように「SUUMO」や「LIFULL HOME'S」のようなポータルサイトにはほぼ全ての物件が掲載されています。

そのためサイトを変えたからと言ってポータルサイトに掲載している仲介業者は同じことがほとんどなので物件自体に変わりはありません。
もちろんポータルサイトにも大きい会社や小さい会社など様々ありますが上の2つのどちらかを使うのであれば問題ありません。
小さい規模のポータルサイトを使っていたなら大手のポータルサイトを使うことで物件数も圧倒的に増えるので変更してみてもいいかもしれませんね。


まとめ
少しは参考になりましたでしょうか?
上手な物件検索の手順としては
① 大手ポータルサイトへアクセス
② 自分が理想とする物件の条件を入力するのではなく自分が生活する上で最低限必要なものを考えて入力する
③ ②番で物件の検索結果が多過ぎる場合は理想の物件に近づけて探しやすい量に調整する
④ 気になる物件があれば問い合わせを入れてみる

という流れがいいと思います。

ちなみに条件が良すぎる物件はおとり広告という可能性もあるのでそのあたりも騙されないようにしっかり知識をつけておきましょう。


オススメのポータルサイト
SUUMO 関西
LIFULL HOME'S








お部屋を探すならこちら

検索フォーム

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。